上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村 ←ぽちっとよろしく♪

        7_20121220000658.jpg


 ココ、いやです。

 不意を突かれちゃったあたし、りりです。こんにちは。





            







 3_20121220000628.jpg


            いひ。

            タイミングが合わず

            のびのびになってた ワクチン接種です。





            


        
        2_20121220002046.jpg

        

            それと 足の検査ね。


            最近、後ろ足を痛がることがあるし 

            お散歩のときにも

            ひょっこひょっこと足を上げてることがあったので。




            



            結果。


 P1170434.jpg


            最大の原因はすぐ判明。



            はい。すぐ体重落とします。

            りりちん。 あーんど母ちゃんも。








        P1170440.jpg


            触診してもらって わかったこと。

            右の後ろ足の筋肉だけが発達してるという。



            この足は 

            レッグベルテスで大腿骨切除の手術した足。



            つまり

            術後の経過は上々。

            それどころか 左足をかばってるということ。

            手術してない方の足に問題ありと。


            





        4_20121220000630.jpg


             レッグペルテスは 

             両足に発病するのがほとんどらしい。            


             そのことは 前から説明を受けてて

             母ちゃんにも覚悟あり。






             手術するかどうかについては

             たとえば

             脱臼したり 痛がって歩けなくなったりした場合。




             今は普通に生活してるし

             お散歩だって走ったりだってできてるのでね。










        6_20121220000632.jpg
 

            で 今回説明を受けたのが

            関節軟骨を修復させる治療。


         
            カルトロフェン・ベット注射。



            週一の注射×4回。



            
            すぐ効果があらわれる場合もあれば

            効果があまり見られない場合もあるそう。




            また

            効果が継続する期間も個体差があるということ。 

            
 





 

        1_20121220000623.jpg
 

            効果があるかわからないけど

            これで痛みが和らいで

            手術しなくて済むならそれがいい。




            でも りりに効果があるかわからない。





            費用もそれなりにかかる。

            定期的に通院が必要。








            先生も無理に勧めたわけではなく

            考えてくださいと。





            悩むところです。

            もし情報があればお聞かせいただけたら嬉しいです。











それにしても足短いな、りりちん。      
スポンサーサイト


にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村 ←ぽちっとよろしく♪

<< 原因はこれだな。 | ホーム | ブラッシングの必要性。 >>

yuminさんへ♪

yuminさんも体重管理に励んでるのねー。
ご一緒します。
頑張りましょうね~(笑)
関節疾患とかレッグペルテスとか
プードルさんには多いですからね。
ワタシももっともっと勉強していこうと思います。
覚悟してるとは言え
できれば手術は避けたいですからね。
また、治療を始めるときはご報告しますね。

アトリエミルンさんへ♪

そうなんですね。
この注射も日本ではわりと新しい治療法なんですって。
光が見えてますか~?
嬉しいです♪
できるだけ負担を少なくしてあげたいので
よく考えて決めていきたいです。
そういえば今日はクリスマスイブ。
銀ちゃんファミリーにも
幸せがいっぱいの日でありますよう。

桃ママさんへ♪

> ややこしそうな注射の名前やね。
でしょー。
検索しようとして何度も入力し直したわ。
カタカナに弱くなってる(泣)
りりのこと一番分かってるのは
飼い主だしね。
先生と相談しながら
自信をもって選択していきます。
先日は失礼しました。

ちぇりんこさんへ♪

ホントに手術は避けたいからねー。
試してみようかなという気になってます。
でもりりの体調とか
ワタシの心の余裕とか
時期を考えていきたいと思います。
いつも励ましありがとうございます。
あー、先日は失礼しました!!


ミルママさんへ♪

確かに手術は避けたいです。
手術して、脱臼してた右足は良くなったけど
全麻に不安がありますもんね。
試してみる価値はありそうです。
最近は痛がることが多くなってるんです。
痛み止めだけでもね。
いろいろとご心配ありがとうございました。

momoさんへ♪

カルトロフェン・ベット注射でググったら
確かに、治療されてる方のブログ出てきましたねー。
でも、体験された方の声って
参考になりますよね。
りりちんに合うかわからないけど
試してみる価値はあるのかなー?
先生とよく話し合ってみます。
ありがとうございました。

こんばんわ。
関節軟骨を修復させる注射があるんですね。
うちのも膝関節が弱いので今回の記事を興味深く読みました。
私だったらですが、希望が1%でもある事はやらせてみたい
(勿論犬に負担があるかどうかは重視します)ので
手術せず注射で良くなる可能性があるのなら受けさせるかなと思います。
注射なら犬の負担も随分軽いでしょうし。
体重管理は大変でしょうけど、私も太らせないように日頃頑張ってるんで
RIRIMAMAさんも一緒にがんばりましょうね〜♪
後、飼い主の体重も落とさなくては〜というのは私も同じです!
(ジムに通っているからと油断して甘いもの食べまくってるのは内緒です 爆)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

新しい治療法がある、ということは
選択の余地があり
光が見えるような気がします~。
日々、医学は進歩しているのですね。
ママさんの決めた選択。
それが、RIRIちんにとってのシアワセなんだと思います。
RIRIちんとママさんに、楽しいクリスマスと
良いお年がおとずれますように!

RIRIMAMAさんへ

ややこしそうな注射の名前やね。
もし私がRIRIMAMAさんの立場だったら・・・・やっぱり色々と悩むと思うけど
手術するよりもその前の段階で治ればいいし。
かといって薬だって絶対安心ってこともないし・・・・
同じ病気を抱えてる経験者さんの意見が聞けるのが一番うれしいね。
これまでの経緯を一番わかってる今の獣医さんと色々相談して決めるのがいいかも。
いいアドバイスや情報をお知らせできずにごめんね。

でもさ、飼い主の決断は間違ってないと思うから自信をもってRIRIちゃんに一番いい方法を見つけてあげてね

またまた悩む問題だね~( ゚_¨゚)´_¨`)ふむふむ
私も注射の事はわからないんだけど・・
手術よりは試してみる価値あるかもと思うけど・・
ミルママさんも言っておられるけど・・手術はできるだけ元気な時がいいと
思うんだよね・・体力的にもね・・そしてRIRIMAMAちゃんの余裕のある時ね・(精神的にね・・)
なので効果は分からないけど今すぐできる注射を試してみるのもいいんじゃないかな・・と思うよ・・・
私もなんのアドバイスもできなくてごめんよ~
RIRIちゃんRIRIMAMAちゃん頑張ってね~(●'д')bファイトです



PS・・いよいよだね~またその時にゆっくり話し聞かせてね~
   楽しみ~゚*。゚(O゚・∀・)ワクワクテカテカ゚。*゚


RIRIMAMA。さんへ
私も、カルトロフェン・ベット注射初めて聞きました。
どうなのかな?
私の場合、手術は避けたいから一度試してみると思います。
効果あるかその子によって判らないものね。
それで維持出来たらいいけど、それで効果がない場合は
麻酔の危険のない年に様子を見て手術するかな?
ありきたりのコメントですみませんm(_ _)m

カルトロフェン・ベット注射という
言葉を初めて聞きました。
ちょっと、調べてみましたが
治療している方のブログばかりが
出てきました。でも、わんこも
それぞれなのでりりちんに合った
治療をしていくのがベストでしょうね。
私は無知なのでなんのアドバイスもなく、
応援、見守ることしか出来ません。ごめんなさい。
りりちんのためにまずはダイエット頑張ってください。

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。